ロゴ
HOME>特集>外壁塗装を業者へ依頼!【家が新築のように蘇る】

外壁塗装を業者へ依頼!【家が新築のように蘇る】

刷毛と家

外壁塗装を行った方がいいサイン

もし東京エリアで外壁塗装の依頼を検討しているなら、いくつかの劣化サインを知っておくと役に立ちます。例えば、劣化の初期から中期に見られるのが、外壁の変色やチョーキング現象です。前者は塗膜の劣化の初期症状ですし、後者のように外壁がチョークの粉のようになっているなら、外壁の塗替えを検討すべきです。また、塗膜が剥がれたり、ひび割れていたりする状態は、さらに劣化が進んでいるサインです。この場合、建物に雨水が侵入し家の劣化を進めてしまいますので早急に対処すべきです。もし外壁に劣化が認められるならば、症状が重度な状態に進行する前にメンテナンスを実施する計画を立てるべきでしょう。早い段階で外壁のメンテナンスを実施することで、建物へのダメージを最小化し新築のような仕上がりにすることができます。

女性

外壁塗装で使われる塗料

外壁塗装を東京の業者に依頼する場合において、どんな塗料を用いるかは工事のグレードに依存します。必要となる費用にも幅がありますので、仕上がりとコストバランスを考慮して塗料を選定することを推奨します。そのためには塗料の種類と特徴を知っておくことが大切です。なおペンキが思い浮かぶ方もいるかもしれませんが、これは安価である一方で乾燥時間や耐久性に問題があり、外壁塗装に用いられる塗料とは別物と考えておきましょう。多くの外壁塗装で利用されているのは、ウレタン系やシリコン系塗料です。これなら耐用年数が長く品質も良いので外壁塗装に向いています。さらに断熱や耐候などの付加的な機能を求めるならば、フッ素系塗料を使うこともできます。ただし、標準的なシリコン系塗料と比較して、5割り増し程度のコストアップとなります。対象が広範囲に及ぶと高品質の塗料を用いると、高額なってしまいますので見積もりの段階で慎重に検討することをお勧めします。